日産の新型ジュークがくる!?

こんにちは。

今回は初めての投稿と同じ様に、車について触れていきたいと思います。

 

そして何の車に触れていくかというと、日産のジュークです。

スポンサーリンク

 

日産ジュークの概要

日産のジューク(JUKE)は、2010年にフランスで発表され、同年に販売開始された車種です。車の種類としては、コンパクトクロスオーバーSUVに分類されています。

ジュークは、日本市場だけではなく、中国や欧州、北米、豪州でも販売される人気モデルになっていて世界的に販売されています。

 

売れ筋は、サイズ感がコンパクト車ということでエンジンサイズが1.5Lのものです。

しかし、SUVというコンセプトが根底にあるという事で、走りも楽しみたいという方向けに「1.6Lターボエンジン」搭載車も用意されています。

 

そして大きな特徴としては、この独特なフロントデザイン。他の日本車ではあまり見ない、メカニックであるが丸みを帯びたなんとも愛らしい表情をしていて面白いですよね。

それこそ、ホンダのFITやトヨタのAQUA・日産のNOTEとサイズ感は近く、目立つ大きさではないのですが、この独特なデザインのおかげで街中で見かけるとつい目で追ってしまう魅力を持っています。

スポンサーリンク

なぜ新型予想?

これは、単純な事です。

・2015年に特別仕様車を発表してその後の動きが少なすぎる。

・コンパクトカーなのにハイブリッド仕様がない。

・先進安全装備が古い。

この3つが主な理由になります。今回はこの3つの理由のうち、下2つに突っ込んで考えていきます。

・コンパクトカーなのにハイブリッド仕様がない

コンパクトカーは、元の値段が安い+燃費の良いイメージからハイブリッド仕様搭載車が多いのです。しかし、そのコンパクトカーであるジュークにはハイブリッド仕様がなかったのです。

 

ましてや、他日本メーカーが出しているコンパクトクロスオーバーSUVと呼ばれる種類の車には、基本的にハイブリッド仕様があるのです。

トヨタのC-HRしかり、ホンダのヴェゼルしかりスズキのクロスビーしかり…

日産にはハイブリッド仕様の車は少ないという傾向もありますが…

ですが、その日産が先日あるものを発表しましたね?はい。セレナe-Powerです。

 

ノートに先行搭載されていたe-Powerがついにセレナバージョンも販売されましたね。そして、e-Powerを搭載したノートもセレナも大きく売り上げを伸ばしています。この流れを汲むと、普通に考えて他の車種にもe-Power仕様が登場してもおかしくないでしょう。

 

日産には、まだまだハイブリッド未搭載の車種が多く残されています。

本記事で話題のジューク。そして、キューブやマーチ・エルグランド等々。

 

この中で、ノートのe-Powerをそのまま流用できそうなのは、車のサイズ的にジュークかマーチかなと思われます。

 

そして、ノートやセレナと同じように燃費性能でもトップに立てると思われます。

 

よって、ジュークにもe-Power仕様を用意し、フルモデルチェンジしてくれるのでは?と期待しています。

・先進安全装備が古い

日産は、CMでもお馴染みの「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」からなる先進安全装備を装備している又は装備できる車種が多いです。

 

しかし、ジュークはこれを装備しておらず、装備している安全装備も機能が制限された古いものなのです。

 

つまり、現行のジューク仕様の「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」は開発していない。という事です。

 

これは、次世代のジューク仕様の「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」をすでに開発しているのでは?と予想することができます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

本記事で書いてきた理由を元に、私は日産のジュークのフルモデルチェンジがそう遠くない日に発表されるのでは?と思います。

 

私の今回の記事は憶測。程度に受け取って貰えたらと思います。

 

 

 

日本市場でのモデルチェンジのペースが、他日本メーカーに比べてスローペースな日産です。しかし、毎度毎度面白い車を発表してくれるので私は楽しみにしています。

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。