まだ議論してるの?加計学園問題。

こんにちは。今回は、ニュースを見てていい加減にしてくれないかな?と思った「加計学園問題」これについて、持論を展開していきます。

※本記事は、加計学園問題の表面上だけを捉えた場合の意見を展開しております。物事の本質と解決・問題性が別にあるのは筆者も重々承知の上で執筆しています。

 

スポンサーリンク

 

はじめに

長々と続いてるこの問題。筆者の私は、案外安倍さんは悪くないのでは?と思ったので今回の記事を書きました。

こんな考え方もあるんだよ。程度に受け取って下さい。

 

似たようなことは行われている。

今回の加計学園問題は、極端な解説をすると、

 

安倍首相が自分の友人が経営している学校に優先的に獣医学部の新設許可を出した。

 

というものです。

 

つまり、政治の力・自分の権力を私用に利用したという事です。

 

 

しかし、形は違えど今回のような、自身の権力を私用に使ったとも取れる事は過去にもありました。分かりやすい例で言うなれば、田中角栄上越新幹線です。

田中角栄さんは、過去に自身の権力を使い、上越新幹線の建設を強行しています。

当時の建設優先順位としては、北陸新幹線より低かった上越新幹線。これが何故先に建設されたかというと、田中角栄さんが自分の出身地に新幹線を引きたかったからです。

 

 

これも捉えようによっては、自身の権力を私用に利用した」と捉えられると思うのです。

 

確かに、一個人の経営の学校公共交通機関という違いはあります。しかし、獣医学部新設にあたって獣医になる道は広がり、不足していた獣医不足問題解決への糸口になり、国民の為になっているのも事実です。

なので今回の件は、一概にも完全悪とは思えないのです。

 

スポンサーリンク

 

安倍さんだって人間だもの

 

もし、貴方が幾つかの案の中から1つを決める際に、友人や家族と他人がほとんど同じ条件で案を提案していたとしましょう。その場合、貴方はどれを選びますか?

おそらく、大半の方が自分の知り合いの方を選ぶでしょう。

その方が、選びやすいですし、知り合いから直接感謝もされ、気分も良いと思います。

 

 

つまり、今回の加計学園問題もそういう事なのです。

日本のトップに立っている者こそ公正公平にと思うかもしれません。私だってそう思います。しかし、安倍さんだって人間なのです。多少の私情が入ってしまうのも無理はないのかな。と思います。

(なお、今回の件は全ての候補が同じ条件だったわけではありません)

 

さいごに

総括しますと、安倍さんは大きく報道されているが、やっていることは過去の政治家とあまり変わらないのでは?という事です。

 

今回は長きに渡り解決しない加計学園問題に関して、偏った意見を展開してきました。

否定的な意見が多いと思われますが、これが私の意見です。

 

少数意見として受け取って頂ければと思います。

 

 

最後に述べさせていただきますが、私は決して安倍首相を擁護している訳ではありません。

 

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。