ホンダのフリードVSトヨタのシエンタ。コンパクトミニバンのススメ。

こんにちは。

 

今回は、現在絶賛人気急上昇中のコンパクトミニバンに分類されるこの二種を比較して考えていきます。

※筆者である私は、ホンダのFREED+を購入しました。

 

2018年9月にマイナーチェンジされたシエンタが気になる方は以下をチェック!!
トヨタ・シエンタはここが変わった!最新マイナーチェンジ2018。変更点まとめ

スポンサーリンク

 

居住・荷室スペース比較!

やはり、ミニバンといえば「居住・荷室スペース」これが肝になってきますね。

これは、条件次第ですがシエンタの勝ちです。

 

居住スペース

シエンタ・フリード共に一・二列目座席の居住スペースに大きな違いは見当たりませんでした。しかし、3列目シートは少し違いました。

シエンタは薄型の燃料タンクを採用している為、足元にゆとりがあり、座席に座った際の膝がきちんとスペースに収まりました。逆にフリードは、少し膝が上に飛び出てしまい心なしか落ち着けません。

よって、シエンタの方が良いでしょう。

 

荷室スペース。

荷室は三列目を畳んだ状態を比較しています。

シエンタは三列目シートを二列目シート下にしまう特別な形を採用しています。対してフリードは、一般的な左右は跳ね上げ式を採用しています。この為、フリードの荷室は、跳ね上げた座席が邪魔で大きな荷物を入れにくいです。

よって、シエンタの勝ち。

と言いたいところですが、三列目シートが付いていないグレードのフリード+を含めて考える場合、跳ね上げた座席が無く、シエンタより車高が高い為、荷室が広くなっています。

よって、フリード+の場合のみ、荷室はフリードの勝ちです。※フリード+にすると三列目シートはつかない。

 

視界比較!!

これはどうでしょう?

こちらは引き分けです。

シエンタフリードの違いは運転席に座ってみれば分かるとは思いますが、少しばかりシエンタの方がフロントガラスが立っていて、視界が広く感じます。しかし、フロント(鼻)の長さはフリードの方が短く、真下が見やすく運転しやすく感じました。

 

価格比較!!

同じ条件にするために、近いタイプのものを比較します。

 

トヨタ シエンタG

(LEDライト・セーフティーセンスC・バッグカメラ・サイドバイザー・両側オートスライドドア)

約250万円

 

ホンダ フリードG HONDA SENSING

(LEDライト・HONDASENSING・バックカメラ・サイドバイザー・両側オートスライドドア)

約255万円

 

値段的には大きく変わらない。が、シエンタの方が古いモデルの車種なので、値引き額が大きくなり、結果的に安くなります。

 

よって値段的には、シエンタの勝ちです。

 

スポンサーリンク

 

 

燃費比較!!

この項目は、互角でした!

フリードシエンタ共に、1500ccエンジン+電気モーターのハイブリッド仕様で、燃費は、27.2kmです。(JC08モード)

ノアハイブリッドは(23.8km)や、ステップワゴン(25.0km)に比べると良い数値になっています。(JC08モード)

 

安全性能比較!!

フリード(HONDA SENSING)の圧勝です。

 

シエンタのトヨタセーフティーセンスCは、

・自動ブレーキ(10km/h~80km/h)

・車線逸脱警報(50km/h以上・道幅3m以上)

・自動ハイビーム(30km/h以上)

・先行者発進アラーム

 

フリードのHONDA SENSINGは、

・自動ブレーキ(5km/h~100km/h)

・誤発信抑制装置

・歩行者事故低減ステアリング(10km/h~40km/h)※1

・路外逸脱抑制機能(60km/h~100km/h)※2

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)(30km/h以上)※3

・LKAS(車線維持支援システム)※4

・先行車発進アラーム

・標識認識システム

 

このようなラインナップになっている為、HONDA SENSING搭載のフリードの圧勝ですね。

 

※1歩行者とぶつかりそうになった時自動で、ハンドルを切ってくれる。

※2車線を逸脱した際に、自動で車線内に戻る機能。

※3事前に設定した速度で自動走行する。なお、先行車がいる場合追従する。

※4高速走行時に同一車線を維持する機能。

 

デザイン比較!!

デザインに関しては、好き好きかなぁ。と思います。

 

落ち着いたデザインや一般的なミニバンのデザインが好きな方は

→→フリードへ

 

少し他とは変わったデザインやミニバンらしくない方が好みの方は

→→シエンタへ

 

おまけ(ハイブリッド性能について)

試乗して思ったのですが、HONDAのフリードはハイブリッド車の運転の心地良さが低いように感じました。低速走行時から高速走行時への移行時、モーター走行からガソリンエンジン走行にシフトするのですが、その変更時に一瞬走行エネルギーが存在していない時間があるのです。その為、その一瞬の間、浮遊感というといい過ぎなのですが浮いた感じがして、運転していて「ん??」と思ってしまいました。

その為、ハイブリッドにするのであれば、シエンタの方がいいのかな。と私は思います。

(やはり、プリウスというモンスター級のハイブリッド車を作っているだけあってトヨタさんの方が一枚上手でした)

スポンサーリンク

さいごに

私は、フリード+G・HONDA SENSINGでガソリン車タイプのものを購入しました。

一番大きな理由になったのは、先進的な安全装備です。やはり、何かがあってからでは遅いので、一番頼りになる物をという思いからです。

現在、フリードを利用していて大きな不満はありません。強いてあげるとすれば、二列目シートのリクライニングが出来ない。という点だけです。

 

何を基準にするかは、人それぞれだとは思うので、私の記事が少しでも参考になればいいと思います。

 

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。