トヨタ・シエンタは買い時?待ち時?

こんにちは。

絶賛販売中で、人気車種となっていますトヨタのシエンタについて今が買い時なのか?について考えていきます。

類似車種で、よく比較されるホンダ・フリードとの比較が気になる方は下のページへGO!

ホンダのフリードVSトヨタのシエンタ。コンパクトミニバンのススメ。

2018年9月にマイナーチェンジされたシエンタが気になる方は以下をチェック!!

トヨタ・シエンタはここが変わった!最新マイナーチェンジ2018。変更点まとめ

スポンサーリンク

トヨタのシエンタとは?

トヨタ・シエンタの現行型の販売開始は、2015年の7月で、ハイブリッドモデルガソリンモデルの二つを採用しての登場となりました。

ボディタイプは、いわゆる「ミニバン」と言われる車種よりは更に小さい「コンパクトミニバン」に該当します。ミニバンと何が違うかというと、大きな点は

  • 3列目シートがおまけ程度
  • 排気量の小さいエンジン
  • ミニバンよりも小さい

以上3点が注目すべき相違点かと思われます。

ここだけ見ると、なんとも微妙な感じに見えてしまいますが、実際はそうではなく丁度いい」実現しているのです。

 

・3列目シートがおまけ程度

→普段は必要ないから予備に欲しい

・排気量の小さいエンジン

→燃費が良く、税金&価格が抑えられる。

・ミニバンより小さい

→小回りが利き運転しやすく、本体価格が安い。

 

→→→

全体的に購入価格及び維持費が抑えられる。

 

こうやってみると、「微妙」が、「丁度良い」に変わりましたよね?

 

今は買い時なのか?

これは、ユーザーがどこに重点を置いて検討するかによると思います。

 

価格に重点を置く人

トヨタのシエンタは特別仕様車が2017年7月出て約一年現行車両が販売開始されて約三年近く経ちます。更に、ライバル車種であるホンダのフリードは2016年9月にフルモデルチェンジを行っています。

その為、非常に「割引き」をさせやすいです。ホンダフリードとの大きな違いは安全性能面ですので、そこを比較している。と言えば、ディーラー側が値引きしてくれる事間違いなしです。

よって、価格を安く抑えたいのであれば「買い」です。

 

機能面に重点を置く人

しかし、そろそろマイナーチェンジの時期であるのも事実です。

TOYOTAは、売れ筋モデル(大衆販売車)を大方5〜7年周期でフルモデルチェンジしています。

そして、その間の2〜3年でマイナーチェンジをしています。

「プリウス」「カローラ」「ヴィッツ」を調べた限りでは、ほぼ全てのモデルで2〜3年でマイナーチェンジ、5〜7年でフルモデルチェンジを行なっています。

つまり、人気車種であり、ライバル車種の猛攻が激しい、「シエンタ」はそろそろ進化をする時期なのです。

よって、価格はあまり気にせず、「シエンタ」や「TOYOTA」にこだわりがあるのであれば、「待ち」という選択肢も大いにアリだと思います。

 

スポンサーリンク

 

マイナーチェンジしたら??

マイナーチェンジしたら、どうなるか。ですね。

変わるとしたら、以下の3点でしょう。

 

  • エンジンの仕様変更
  • 安全性能の向上
  • その他装備の変更

 

エンジンの仕様変更

ガソリン車のエンジンの排気量は大きくは変わらないと思います。1.5Lのエンジンでも少し力が物足りないくらいなので…

しかし、ハイブリッド車のエンジンはダウンサイジングしてもおかしくないのかな。と思います。ダウンサイジング先のエンジンは、TOYOTAのTANKに搭載されている様な、1.0Lのターボエンジンになるかと思います。

更に力不足になるのでは?と思われますが、ハイブリッド仕様なので電気でアシストしてあげればなんとかなるはずです。

元々、ターボのおかげで1.5Lに近いトルクを出す事が出来る為、案外力強い走りを見せてくれると思います。

 

安全性能の向上

現在のシエンタは、Toyota Safety Sense Cの古いタイプを搭載しており、ライバル車のホンダ・フリードに対し大きく見劣りしてしまいます。

故に、ここは確実に強化してくるでしょう。

トヨタのアクアのようにToyota Safety Sense Cを強化した物か、ワンランク上の車種に搭載されているToyota Safety Sense Pを持って登場すること間違いなしです。

 

その他装備の変更

こちらは、単純に装備などの追加ですね。

  • LEDライトの標準装備
  • パワースライドドアの標準装備
  • 安全装備の標準装備

が考えられるかと思います。

 

そして、極めつけは、ホンダ・フリードに対抗して、

 

三列目シートの無いモデルの登場

 

でしょう。案外街中で見る、フリード+この需要をシエンタが奪うべく、トヨタは行動してくると私は思います。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

今回は、新型シエンタの予想と買い時のタイミングについて考えてみました。前回の記事に引き続き、少しでも購入の参考になればと思います。

 

そして、

軽自動車やコンパクトカーが売れ筋であるこの時代(小さいサイズが売れ筋)に沿った、「コンパクトミニバン」の次なる攻防戦が楽しみですね。

 

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。