マイナーチェンジだった…日産のジューク。新型は?

こんにちは。

 

過去に私が日産・新型ジュークがそろそろ来るのでは?という記事を上げました。しかし、その予想を裏切るか如く、ジュークは5月11日にマイナーチェンジをしました。

 

故に、今回はジュークのマイナーチェンジ情報と、その理由の予想について書いていきます。

 

新型ジュークの予想記事はこちら↓↓

日産の新型ジュークがくる!?

スポンサーリンク

マイナーチェンジ情報

これは、かなり簡素なもので・・・

 

 

ハイビームアシストが標準装備

(先行者や対向車、周囲の明るさを検知し、自動でハイとロービームを切り替える機能)

 

になっただけなのです。

(標準装備の対象は一部グレードに限る)

 

せめて、技術の日産というくらいなのですから……

渋滞追従車線維持機能等の機能も付けて欲しかったところですね。

 

そして、更に言えば、この機能はマイナーチェンジ前のジュークに無かった物ではなく、オプションで付けられる機能

だっただけなのです。つまり、日産は特別に開発費用を割いてマイナーチェンジをしたというわけではなっかたのです。

かれこれ9年間、ジュークは現行型が貫き通されているので、そろそろきちんとした改良を期待したいところでした。

 

なぜマイナーチェンジに?

何故今回マイナーチェンジになったのか。という疑問が生まれますよね?

これは、単純に次世代型の開発が遅れている為だと思われます。

多くの方は、「日本でのジュークの販売台数が芳しくない」というのが原因だと考えると思います。しかし、そんなことは大きな問題ではないのです。

主な理由としては以下2点が挙げられます。

 

 

  1. 欧州でジュークはそこそこ売れている車種である。
  2. 日産の総売り上げのうち日本での売り上げは10%程度。

 

 

 

 

欧州では売れている車種

欧州では大人気というほどではないですが、売れている車種の一つなのです。

3月(2017年)の欧州での日産車の販売台数10万7592台のうち、約10%になる1万4501台をジュークが占めています。

 

つまり、売り上げ台数が足りなく開発費用が無いという訳ではないはずなのです。故に、フルモデルチェンジをする事で更に上を狙える車種になりうるという事です。

 

 

日産は、2022年までの販売台数目標に、1400万台を上げています。これをクリアするには大きな市場である欧州でも勝負をしていかないといけません。その為、ジュークの新型が十分に考えられます。

 

現在日本でも、ホンダ・ヴェゼルトヨタ・C-HRマツダ・CX-3といい、コンパクトサイズのSUVの人気が出てきています。ただ、この3社のコンパクトSUVはどれもつい最近フルモデルチェンジやマイナーチェンジをしたばかりで最新の機能が付いています。

→→コンパクトSUVは売れ筋投入の巨大な市場なのです。

 

この強敵達に挑むには、「奇抜なデザインと丁度いいサイズ」だけの今のジュークでは今一歩弱いです。しかし、逆にとらえれば、この3社が凌ぎを削るこの土壌に顔を出し売り上げをかっさらう事も出来るはずなのです。

 

参照:日産の欧州販売10%増、7か月連続で増加3月|レスポンス

日産・日本での販売台数

日産の総販売台数のうち、日本での販売台数は10%程度で、企業戦略を立てる上でメインの市場ではないのです。日本に比べて、北米35%・中国25%・欧州15%(3つともおおよそ)と他の地域の方が大きい市場になってます。

つまり、予算の配分上、日本市場で一番受けが良いe-Powerにチェンジされると予想されるジュークにはあまり大きな予算と人員が配分されていないと予想が付きます。

 

もしかしたら、中国市場を視野に入れたEV化又は、プラグインe-Powerをするべく開発が遅れている可能性も十分にあり得ます。

 

プラグインe-Powerに関する記事はこちら↓↓

新型セレナとe-Powerの未来

スポンサーリンク

では、いつ頃?フルモデルチェンジ。

では、最近、日産で新たなグレードの追加がされたセレナと比べてみましょう。

 

セレナは、フルモデルチェンジの約8ヵ月前にマイナーチェンジがされています。

 

もし、これが最近の日産のフルモデルチェンジ前の流れとするのであれば…

5月11日にマイナーチェンジされた日産ジュークは、2019年の1月~2月にフルモデルチェンジされると予想できます!!

スポンサーリンク

さいごに

今回は先日発表されたジュークのマイナーチェンジとその先について考えてきました。

魅力があり、現在売れ筋のコンパクトSUVに属されるジュークのフルモデルチェンジはそう遠くない日に来ます!!

 

奇抜なデザインや丁度いいサイズ感・走りに魅せられた皆さんは首を長くし、ゆっくりと続報を待ちましょう!!!

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。