遺伝子組み換え作物って危険なの?デメリットとは??

今回は、「単純に遺伝子組み換え作物は怖い」という先入観だけが一人走りしている、「遺伝子組み換え作物」のどこが本当に怖いのか・危険なのか?について考えていきます。

Genetically Modified Organism  GMOGM作物とも呼ばれることもあります。(故に、以下遺伝子組み換え作物=GM作物とも表現します)

 

日本とEUの遺伝子組み換え作物の利用状況(商品・食品)についての記事は以下へ

EU・日本は何故遺伝子組み換え作物を受け入れないのか?

 

スポンサーリンク

 

遺伝子組み換え作物の危険性

遺伝子組み換え作物は、私達一般人が考えている以上に危険が多いのです。しかし、それらも未だ憶測に過ぎない部分もあり実際にはどうなのか分かっていないのも事実です。つまり、遺伝子組み換え作物の摂取・栽培は世界規模での人体実験ともいえるでしょう。

 

さて、どんな問題があるのか。挙げていきましょう。

 

  1. GM作物の雑草化
  2. GM作物の遺伝子を取り込んだ植物の雑草化
  3. 標的害虫以外への悪影響
  4. 遺伝子変化における、未知なる病気等の出現
  5. 薬剤耐性成分や農薬成分の生体内蓄積
  6. 新規のアレルギー(アレルゲン)の発生

 

こんなにも存在しているのです。多くの問題を解決できていない状況で、利用が始まっていたのです。

 

GM作物・植物の雑草化

1.GM作物の雑草化

GM作物は基本的に、「薬剤耐性の付与」「繁殖能力(収量)の強化」「病害虫への耐性成分生成機能の付与」というような、人間が作物を育てるにあたって問題(難点)になっていた部分を補完する能力を持っている物が多いです。

 

そのような、植物が雑草化したらどうなるでしょう?

 

想像しただけで恐ろしい光景が目に浮かびます。薬剤耐性を持ち、繁殖能力が高く、病害虫にも強い…そんな雑草が生い茂っていたらどうなるでしょう。

「単純に人力で抜く」これしか除草方法がなくなるわけです。除草方法がなくなるだけならまだしも、増えすぎて人間の手では処理できなくなって、生態系を破壊してしまう。これが一番の恐怖だったりするわけです。

 

2.GM作物遺伝子を獲得した植物の雑草化

GM作物を栽培していて、近隣の野山や公園等に近縁類の植物があり、そこでGM作物の花粉と受粉して種ができてしまう。その種にはGM作物の能力が発現する遺伝子が遺伝されている。そのため、爆発的に雑草(混雑種)が増えてしまう。そして、混雑種と普通の雑草が受粉し種ができる。また、遺伝が起きる。

 

この繰り返しにより、人が想像できないような雑草の森ができ、生態系を破壊することになってしまうかもしれません。

 

標的害虫以外への影響

これはどういうことかというと、GM作物が生成する農薬成分の標的生物以外の生物にはどのような影響が出てくるのか?といったものです。

 

例えば

キャベツにアブラムシが付くのを防ぐべく、キャベツ自身に薬剤成分を作成する能力を付けたとしましょう。そして、その成分は果たして、アブラムシだけに効果を果たしてくれるのか?ということです。

 

キャベツにはアブラムシ以外にも、モンシロチョウや蜂などの虫も付きます。

・もし花が咲いたとして、その花にミツバチが寄ってきたとしましょう。その蜂への影響は?

・栽培が終わった後の根を分解してくれる微生物たちへの影響は?

 

といったものです。これは、試してみないと分からない物であり、試したとしても分からない物だったりします。そして、これも生態系を破壊する要因になりうるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

未知な病気等の発病

これは、今まで存在していなかったDNAの配列(遺伝子)が世界に誕生することで、「今まで存在していなかったウィルス等による新種の病気が発生する」「今までは害のなかったウィルスによって病気等が発生する」という物です。

 

様々な成分の生体内蓄積

こちらは、農薬成分や薬剤耐性成分の生体内蓄積が問題であるという事です。

 

農薬成分の体内蓄積は今までも多少なりとも問題にはなってきていましたが、GM作物の物は違います。遺伝子操作をされた作物は、今まで植物が耐えられず使えなかった農薬を利用できるようになっています。今までよりも強い(害の大きい)農薬が人間や家畜の体内に「食物・飼料」という形で蓄積されていった場合どのような問題が起きるのか。癌や病気の誘発になるのではないだろうか?という懸念がされています。

 

薬剤耐性成分の蓄積はどのようなものなのか?これは上の農薬成分の蓄積の続きにはなるのですが、今までは耐えられなかった農薬に耐えられる耐性を付与された作物を生体内に摂取し続けることで、その効果が人間や家畜にも移ってしまうのでは?という懸念です。

薬剤耐性が蓄積されることで、今まで効果がきちんと見られていた「抗生物質」や「抗菌薬」の効果がなくなってしまう。

故に、

  • 新たな「抗生物質」「抗菌薬」の発見が必要になる。
  • 薬が効かなくなったことで、病気が蔓延する。

 

 

このように、様々な成分の生体内蓄積によって、人間や家畜の健康問題・衛生問題に大きくかかわってくる可能性が大いにあるという事です。

 

新規アレルギーの発現

これは、実際に起きています。ブラジルナッツのタンパク質を導入した大豆で、「ブラジルナッツのアレルギーが発現した」という事がありました。大豆からナッツのアレルギーが発現したという事は、「大豆にナッツのアレルゲンが移った」という事です。

 

これ以外にもアレルギーが発生する可能性(方法)は大いにありえます。

今までは、少量しか発現されていなかった物質が遺伝子組み換えにより多量に生産される。その多量生産されるようになった物質がアレルゲンだった。(花粉と同じように少量であれば発現しないものも多い)よって、アレルギーとして発現してしまう。

 

上に記載したように、人間が予想できる範囲外で多くのアレルゲンが眠っている為、遺伝子組み換えにはアレルギーの危険と隣り合わせなのです。

 

スポンサーリンク

さいごに

日本ではあまり取り上げられず、おざなりな情報しか入って来なかった為に、あまり知られていないGM作物の危険性。

今回は、GM作物の目立たない危険性についてまとめてみました。意外と知られていない危険性「アレルギー・薬剤耐性」などもこれを機会に色々と知って頂ければと思います。

 

日本とEUの遺伝子組み換え作物の利用状況(商品・食品)についての記事は以下をチェック!

EU・日本は何故遺伝子組み換え作物を受け入れないのか?

 

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。