東京オリンピック・ボランティア大学生への単位認定はどうなのだろうか?

今日の投稿は、数回に分けて書いている東京オリンピックが抱える多くの問題のうち、ボランティア人員についての第二回目の投稿になります。

 

なお、今回は大学生ボランティアへの単位認定についての記事になります。

 

 

 

前回の記事、「ボランティアへの交通費支給」に関する記事が気になる方はそちらもチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

東京オリンピック・ボランティアへの交通費支給はどうなのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

 

基本情報

「2020年に開催される東京オリンピックのボランティアに参加した大学生に、単位を認定するかどうか?」についてのアンケートを都内の大学130校あまりにNHKが行ったところ、半数近くの学校から「単位認定を検討している」という回答があったようです。

 

つまり、多くの大学で東京オリンピックにボランティアとして参加する事で、大学で一つ講義を受けた事と同等の意味を持つ事を検討していますよ。という事です。

 

 

反対意見派

大学が単位を認定する。という事は国公立大学もそれに含まれており、そこには国や都の力が働いていて、何とかしてボランティアを集める。そんな策略に大学生が巻き込まれているだけなんじゃないか?

 

という意見や、

 

前回の記事でも明記していましたが、

根本的にボランティアというものは自発的に社会活動に参加し技術提供をする事なのでは?その為、今回の件のように、単位認定をするから参加しませんか?というような、人や何かに促されて参加するボランティアというものは如何なものだろうか?

 

 

という反対意見が多く出ている現状があります。

 

スポンサーリンク

 

肯定意見(筆者の意見)

筆者である私は、大学側がボランティア参加に対し単位認定を行う事には賛成です。

 

大学生に求められる事は、様々です。勿論、大筋が勉強・研究になるのは違いないのですが

 

社会に出て使える人材に成長する。

 

これも大学生が学ぶべき事の一つだと思うのです。

それを、「ボランティアという形で学ばせ社会に排出したい」という大学側の考えも十分に分かります。それが故か、ボランティア団体や青年海外協力隊に所属していたりする学生は就職活動の際、企業受けがとても良い傾向があります。

 

実際、ボランティアとは名前は違いますが、大学は「キャリア教育」という部門を設け様々な講義や実習をし単位認定をしている学校が多く存在しています。

 

 

そこで出てくる問題が、単位欲しさにボランティアに参加する学生です。

前回の記事で明記した「観光客的ボランティア」のような、やる気や奉仕する心・責任感のない人間が多く参加してくるのでは?と思うでしょう。

そこで対策として出てくるのが、大学側の学生への単位認定です。

 

 

え?

 

と思いますよね?「単位認定」を逆にとらえるのです。

 

 

単位をボランティアに参加するだけで簡単に与えるのではなく、いくつか課題を与えればよいのです。

例えば、

・参加前、ボランティアについて考えるミーティングへの参加義務付け(同学内での参加者同士の)

・参加前、英語教育と協力しボランティア用の語学講座への参加の義務付け。

・参加後、レポートの提出を義務付ける。

 

この様に講義形式の物や、参加後の振り返り等をこなさない限り単位を認定しなければいいのです。

 

 

参加にあたっての必要な知識や心構え・参加後の振り返り等も含めてのキャリア教育です。故に大学側がきちんとキャリア教育としてのボランティアだと認識し、参加するだけではなく、参加前の学習や参加後のケアも考えておく事で、「観光客的ボランティア」は減らす事ができると思います。

この様にする事で、募集側はより質の良いボランティアを。大学側は、より質の良いキャリア教育を。

 

共に Win Win な関係になれるのではないのでしょうか?

 

※単純に参加するだけで単位を認定するではなく、いくつかの課題・講義をこなす事で単位認定をする事で、単純に単位が欲しいだけの学生が参加しにくい環境を作るという意味でも良い効果をもたらす事と思います。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

ボランティアが集まらない。集めるために国や都が必死になっているが為に、「学徒動員」や「国家総動員」など、あまり聞こえの良くない言葉を耳にします。

そんな現状の表面だけをとらえて批判せず、きちんと考えてみる良い機会になればいいと思い、今回と前回の記事を書いてきました。

また何か、オリンピックについて記事を書く機会がありましたら宜しく願い致します。

 

ボランティアに交通費を支給する事に関する前回の記事はこちら ↓ ↓ ↓

東京オリンピック・ボランティアへの交通費支給はどうなのだろうか?

 

 

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。