女系と女性天皇の違いは何?推古天皇は?愛子様は違う!

こんにちは。令和になって初の投稿は勿論「天皇」についてです。2019年5月1日から始まった日本の新しい元号「令和」。今回は「令和」に代わり再度注目されつつある天皇制について考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

女系天皇とは?

女系天皇とは簡単に言うと、皇族女性と一般男性の間に生まれた子供が天皇になった状態の事を指します。

つまり、皆さんが一般に考えている

 

令和天皇の次の天皇が「愛子様」になった場合の事を指すわけではありません。

 

愛子様は、男性皇族と一般女性との間に生まれた子なので、男系にあたります。そして、愛子様が天皇になった場合は「男系女性天皇」になるわけです。※皇室典範で現在女性の天皇は認められていません。

 

例えば、愛子様が一般男性と結婚して子供を産んだとします。そのお子さんがもし天皇になった場合は、「女系天皇」と呼ばれます。

 

いったんここで情報を整理します。ここから下の整理した情報は子供が天皇になった場合の事を指しています。

  • 男性皇族と一般女性の間に生まれた男の子は男系男性天皇
  • 男性皇族と一般女性の間に生まれた女の子は男系女性天皇
  • 一般男性と皇族女性の間に生まれた男の子は女系男性天皇
  • 一般男性と皇族女性の間に生まれた女の子は女系女性天皇

 

現在の認識はこのようになっています。

 

スポンサーリンク

 

では推古天皇は?

はい。皆さんが必ず小学校か中学校で習っているはずの、「推古天皇」。この方は歴史的にも有名な「女性天皇」ですね。摂政に「聖徳太子」を据えた事でも有名です。

 

推古天皇は、蘇我馬子が第32代天皇・崇峻天皇を殺害したため、女性として初めて天皇になりました。

 

しかし彼女は、男系の男性天皇である「欽明天皇」と「蘇我堅塩媛」との間に生まれた方です。そして、彼女自身は第30代天皇で男系男性天皇ある「敏達天皇」と婚約しており男系の血を残しています。

 

その後も数名の女性天皇が誕生しますが、どの方も男系の血筋であり、次に天皇になるお方は必ず男系の血筋を継いでいるという状態でした。

 

その為、どの天皇からたどって行っても男系の血筋を追って行けば初代天皇の「神武天皇」にたどり着きます。

 

スポンサーリンク

 

何故女系天皇の話題が?

なぜ、女系天皇を容認しよう。という話が出ているのかと言いますと、単純に「皇位継承問題」です。

2006年悠仁様が秋篠宮様のご子息として誕生するまでは、実質現在の「令和」で日本の天皇交代制による元号の変更及び天皇制の最期を迎える可能性がありました。

 

そこで、天皇制の終末を迎えない為の案の一つが女系天皇の容認でした。女系天皇を容認することで女系の宮家も実質誕生することになり、「愛子様」「眞子様」「佳子様」それぞれが宮家を作れるようになり、天皇制の安定に大きく近づけたという過去があります。(他にも宮家は存在しており更に多数の宮家が誕生する可能性がありました)

 

そして今段階でも、今後、秋篠宮様や現天皇様のご子息誕生は年齢的な問題でほとんど考えられません。つまり、もう男系の血を残せる皇族は現状「悠仁様」のみなのです。

 

その為、今現在でもこの話題が話に上がり話し合っている状態なのです。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

天照大神からまり、神武天皇から続いてきた日本の天皇制度。これに終わりが来ると思うと物悲しいものがあります。

実際、「令和」の時代に移った時に日本中が盛り上がった事から分かるように、案外日本人は小さい頃から大切にされてきた「天皇」が心の支えまでとはいきませんが、人々の中で大きな存在である事が分かりますね。

 

この天皇制が終わりを迎えないようにどんな方法があるのかを、みんながきちんと理解し納得できる方法で考えていけたらと思います。

 

 

ブログ村にも参加しています。良いと思ったら下のボタンをポッチと!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事下に、Twitterもありますので奮ってどうぞ。